悪がきboy's ベル&タイガー

                 大好きなベル兄ちゃんは2012年の夏、17歳5ヶ月で天寿を全うしました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベルの長生きはたまたまだったんです。

ベルが旅立ってもう一ヶ月になろうとしてます。
ベルの写真を見ていると未だに涙が止まらなくなってベルの事を
中々書けないでいました。


17年前の4月、我が家にやって来たベル。
ペットショップへ迎えに行って、その後会社から5日の休暇を貰って
ベルと過ごしたね。

二階の私の部屋へ連れて行くとピーピーウンチをいっぱいしてくれて
「まあ、困った奴だねえ」そう嘆きながら片付けなどしましたっけ・・・

休暇が終って仕事に行くようになると子犬に取ってはまだ寒いだろうに
心を鬼にしてベランダへと追い出してしまったのだ。
帰って来るとベランダの其処此処に又もやピーピーウンチです。

そんなこんなの子犬との生活にも慣れて何時しかベルと私はやっと
マズマズの親子の関係が作られていったようです。

今思うと夏の暑い最中も外だったんです。
(最初から犬小屋は用意してあったのです)
暑いので大きいスダレで日差しを遮るよう工夫はしてやりましたが
それでも夏の暑さは相当堪えた事でしょう・・・

あの頃は本当に可哀相な事をしたと、悔やまれてなりません。
ただ、寒さと暑さによって免疫はもしかして上がったのかもしれませんが。

食事はもっぱら獣医さんから買って来たフード一辺やり、朝と夕方の二回・・
なので普段の日はオヤツもなかったのでしょう(記憶がない)

当時のベルは体重が多くても26キロ位でした。
人間も腹八分って言われますが、それらが病気知らずで長生きへと
もしかしたらつながって行ったのではないでしょうか・・・



家に来て100日・・・
(小さい頃の写真が全くなくて、これ1枚だけ)
12_9_15_97_6.jpg






母の腹筋のお手伝いを長い期間やってくれたね。
12_9_15_4_8_5.jpg






シャンプーが終ると浴槽の淵に前足を乗せて、早く体を拭いてくれと・・・
12_9_15_4_11_5_.jpg







大好きなボール、欲張りだったね。
12_9_15_4_7_4_10sai.jpg







寛ぎスタイル・・・
ベルは笑顔に乏しい犬でした。
これもそれも私が可愛がらなかったせい、悔やまれます。
12_9_15_10.jpg






8歳のベル、出来る事ならこの頃に戻ってみたいね・・・
12_9_15_8sai.jpg






長年食べてたフードです。
12_9_15_fudo.jpg



ベル、色々あったね、悪戯も半端じゃなかった。
マッサージクリーム一瓶舐めてしまったり、作ったばかりのお弁当食べてしまったり
ドロボーは数えきれない程やってくれたね・・・
思い出はいっぱい、その全てが楽しい出だよ。


ベルの事がちょっぴりこちらに載ってます、良かったらご覧下さい。






省エネ


スポンサーサイト

| 未分類 | 14:38 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

kitaさん、こんにちは~♪

晩年のベルは22キロ位でしたね。
過去一番多い時でも26キロ位でした(^^ゞ
ラブは普通30から多くても35キロ位でしょう、それからすると
2割から3割少ないんですよね。
これがカロリーオフでベルの長生きにつながったのかもしれません。

若かりし頃はオヤツもなくて結局スリムさを保ったんでしょうね(^^ゞ

>ベル兄ちゃん、イタズラ好きな男の子だったんですね^^;;
もう凄かったですよ!(笑)
ゴミは漁るし、手が届く所の物は何でも引き寄せて食べちゃうんです。
blogには書ききれない程・・・
それもこれも飼い主の甘さゆえ、ベルが悪い訳ではないんですよね。

kitaさん仰るように老犬になってから最後はベルもきっと幸せを感じて
くれたじゃないかなぁと思うのです。

枇杷温灸、効いてくれると嬉しいです^^
季節の変わり目とか、温めるだけでも良いと思いますよ。

| keiko | 2012/09/19 09:44 | URL |

keikoさん、こんばんは^^

小さい頃のベル兄ちゃん可愛いですね~w
先日、タイガー君が小柄で驚きましたが、
ベル兄ちゃんも小柄だったんですね^^;;

作ったばかりのお弁当を食べてしまうというエピソードに笑ってしまいました
なんだか、食べる事が好きなベル兄ちゃんらしい…^^;;
ベル兄ちゃん、イタズラ好きな男の子だったんですね^^;;

keikoさんのケアは素晴らしい真似できないものだと思いますよ!!!
枇杷の葉温灸やマッサージ、keikoさん流の様々なケアのおかげで、長生きできたのではないでしょうか…

小さい頃、お外で生活というのは
可哀想に思いますが、そのおかげで、
免疫力が高くなり、長生きにつながったのなら…
良いことじゃないですか^^

老犬になり、ママにたっぷりケアしてもらった
ベル兄ちゃんは幸せ者だと思います^^

★わが家のベル、枇杷の葉温灸&マッサージ
頑張っています^^
腰の調子が良いようで、プールで遊んでいる時、
ハイジャンプをきめていますよ(笑)

| kita | 2012/09/18 20:44 | URL |

べるーくままさん、こんにちは~♪

>お知り合いになったのがシニアになってからだから、
若いベル兄ちゃんはとっても新鮮^^

そんな風に言って頂いて嬉しいです^^
当時はデジカメがなかったでしょ、それと仕事仕事でベルの事はさっぱり
頭になかったので写真が全くないんですよ。

>ベル兄ちゃん、keikoママからの愛情を充分感じていたと思いますよ。
そうだと嬉しいのですが・・・
ベルも晩年は若い頃と違っていっぱい癒しをくれました。
今思い出しても又涙が出ちゃいます。

>長生きしてkeikoママの想いを充分に心に刻んで旅立ってくれたのではないでしょうか。

そうですね、ベルはベルなりに考えてくれたのでしょう、そう思う事にしてます。
でも欲が深いですがまだまだ一緒にいたかった(T.T)

| keiko | 2012/09/18 17:41 | URL |

ロンままさん、こんにちは~♪

>早いものですね~
もう一ヶ月つになるのですね・・・

この間のような気もすればもう随分前のような気もしてます。
ロンままさんもまだまだ悲しみにくれてらっしゃるのではないのでしょうか・・・
毎日一緒にいて、あれだけ愛と癒しを貰っていたから
いるのが当然と思っていて、今もふっと家にいるような気がします(T.T)

>子供の頃のベルちゃん可愛い(*´∀`*)
ボールを2個も口の中に入れて・・・(笑)
ありがとうございます、写真見ていると欲張りなベルに笑ってしまいます。
あーして何時も二つ咥えてました。
外へ行く時も必ず1個咥えて、坂道で転がして一人遊びなんかしてました^^;

>ベルちゃんの御蔭でkeikoさんと出会え、ベルちゃんに感謝です。。。
嬉しいですね、ベルが縁をつないでくれて、素直に喜びたいです^^

| keiko | 2012/09/18 17:31 | URL |

con spiritoさん、こんにちは~♪

モモちゃん、大人しくさせてくれたら嬉しいですね^^

>晩年のママさんとの日々は
長生きの秘訣満載だったと思います

幼少の頃は仕事が忙しかったのもあってベルに向ける目が
さっぱりでした(-_-;)
時間が取れるようになってゆとりが出来たら不思議と
ベルへの愛情も芽生えたみたいです。
晩年は常に一緒にいられてベルも幸せだったのでは、そう思う事に
してるんですよ^^;

写真ね、どれも笑顔がなくて・・
これも当時の愛が足りなかったかな、と反省です。

ベルを慈しむ心をありがとうございます^^

| keiko | 2012/09/18 17:23 | URL |

ベル兄ちゃんの写真が沢山見れて嬉しいです。
お知り合いになったのがシニアになってからだから、
若いベル兄ちゃんはとっても新鮮^^
やっぱり若いころからハンサム!

ベル兄ちゃん、keikoママからの愛情を充分感じていたと思いますよ。
思い出しては涙が止まらなくなる程愛してらっしゃったのですから…
その強い想いは必ず伝わっているはず。

晩年のベル兄ちゃんはそれこそ我が宝…と大事に大事にされていましたもの。
長生きしてkeikoママの想いを充分に心に刻んで旅立ってくれたのではないでしょうか。

| べるーくまま | 2012/09/18 11:58 | URL |

yuraさん、おはようございます~♪

>お外暮らしだって、きっとベル兄ちゃんにとっては
良かったんですよ。

そうでしょうか、冬の寒さは良しとしても、夏の暑さを思ったら
今でも胸がキュンとなります(-_-;)

それでも晩年は家族に大事にされてきっと幸せだったとは思うのですが・・
後悔はいっぱいありますがせめて長生きしてくれて
それだけが私の救いです。

ベルの若かりし頃の写真がないのです(^^ゞ
当時は今のようにパシャパシャ撮るデジカメがなかったでしょ、
それと忙しさにかまけてベルの写真を全く残してないんですね。

yuraさん、大変な中コメント下さり有難うございます。

| keiko | 2012/09/18 06:59 | URL |

お早うございます^^

早いものですね~
もう一ヶ月つになるのですね・・・

写真の中のベルちゃん、ピカピカに光ってますね!
keikoさんの愛情をいっぱい感じていたのでしょうね~^^

子供の頃のベルちゃん可愛い(*´∀`*)
ボールを2個も口の中に入れて・・・(笑)

ベルちゃんの御蔭でkeikoさんと出会え、ベルちゃんに感謝です。。。

| ロンまま | 2012/09/18 06:51 | URL | ≫ EDIT

モモ温灸やってみました(^^)
毎日続けてみます
ありがとうございました
ブログにも書いちゃいました(^^)
良かったかしら?

ベル君
確かに、人間もそうですが運命は
決められているかもって思いますが
晩年のママさんとの日々は
長生きの秘訣満載だったと思います
ママさんのあふれる愛情に
ベル君が答えてくれたと心から思います

どんなに懸命に愛しても
病に倒れる子もいますものね
病に倒れ甦る子も
どんなに祈っても救えなかった子も
運命だと思うけど
できる限りの事をしてあげたい
1日でも1時間でも長く
傍にいて欲しいと願う飼い主ばかりですね(^^)

ベル君
かわいいなー

思いで写真
また、見せて下さいネ
って、もうブログの中の
ベル君沢山見させてもらってます(^^)
見ているだけで笑顔になっちゃいます
なんで、こんなに可愛いんだろうって
思っちゃいます(^^)

| con spirito | 2012/09/18 01:42 | URL |

素晴らしいですよ

色々な事が相まみえて
それがとても相乗効果で良かったんですね。
お外暮らしだって、きっとベル兄ちゃんにとっては
良かったんですよ。
外とお家と、両方経験で来て
素敵!
keikoさんは、さらっとベル兄ちゃんにとって
いい事をやってらしたんですよ。
見習いたいです。
ベル兄ちゃんの小さい時、本当に可愛い
ラブってどうしてこんなに可愛いんだろうね(笑)
懐かしい写真見せて頂いて、
ありがとうございます。

| yura | 2012/09/17 23:22 | URL |

ももちぇりさん、こんばんは~♪

ももちぇりさんって、何て正直なお人なんだ、そう思いました^^
ベベちゃんも外飼いの時期があったんですね。
家族の理解がないと室内での犬飼いって無理なところありますよね。

フードもやっぱり一緒でしたね。
勤めていた頃は手作りなんて考えた事もなかったわ(笑)
それでもお互いの長生きは野生児の生活と先祖から受け継いだものと
生きようとする生命力、これですよね(*^_^*)

>今ならもっと、楽しくて充実した犬生を送らせてあげられるのにって。。。
謝っても謝っても、時間は戻らない。

うんうん、同じよ^^
でもね、「終わり良ければ全て良し」じゃないけれど
今を精一杯介護されているももちぇりさんをベベちゃんは
ちゃんと見てくれてると思いますよ。
私もそう思って自分を納得させています。

ベベちゃんはね、腸が強いというか丈夫だと思うの、そういう仔は
免疫力も高いんですよ。
ベルもね、やっぱり腸は丈夫でしたよ。
後はももちぇりさんのサポート、もうこれに尽きます。

これからもベベちゃんとゆっくり歩んで行ってくださいね。
そしてベルに次ぐ長寿目指して、ね(*^^)v

| keiko | 2012/09/17 19:45 | URL |

keikoさんこんにちは!

keikoさんはそうおっしゃるけど、やっぱり日頃のkeikoさんの
ケアは素晴らしいですよ。
真似したいことが一杯ですもの。。。
でも、keikoさんのお気持ちも、ちょっぴり解かります・・・

ベル兄ちゃんの歩み、べべと似てます。
べべも、最初こそ家の中でしたが、実家でしたので
完全室内犬は無理で、夜だけ家の中という生活でした。
(夜中に吠えたら近所迷惑になるという理由です)
成犬になるまでは一緒にいてあげられましたが、
仕事を始めてからは日中はひとりお庭で家を守る生活が、
うちの場合は10年は続きました。
同じように、日よけはすだれ、べべは土に穴を掘り、
お腹を冷やして寝てました。
放し飼いで、庭の一部を囲って自由にさせてましたが、
やはりラブは家で飼うのが合ってる。

ご飯だって、長いことフード、しかもコロコロ変わってました。
何よりの後悔は躾けで手をあげていること。
べべは今も、頭に手をかざすと瞬きします。
叩かれたことのある子がすることです。
私も、べべには可哀相なことをしたと後悔しきりです。

今ならもっと、楽しくて充実した犬生を送らせてあげられるのにって。。。
謝っても謝っても、時間は戻らない。

べべも、15歳超えてるというと驚かれますが、秘訣なんて何もないです。
あるとすれば、べべの生命力。
大きな病をしたこともなく、心臓が悪いからといって
発作を起こしたこともなく、下痢も吐くことも滅多にしない、
体とメンタルがもともと強いんですね。
そこに、私が多少のサポートをした、それが、結果として一体
何か変わっただろうか?と思うのです。

強いべべを産んでくれたお母さんのももちゃんに
感謝です。。。
そしてこんな飼い主でごめん、べべ。です。。。

なんか寂しいコメントになってしまった、ごめんなさい><


| ももちぇり | 2012/09/17 17:55 | URL |

鍵コメさん、こんにちは~♪

日記に書いたように適当で犬を飼ってはいけませんね、
考えれば考える程酷い飼い主だったなあと反省です(-_-;)

晩年はそれでも何とか飼い犬らしく幸せに暮らせたので
ベルも最後は許してくれてるかも、そう思いたいです。

>たくさんのいたずらをするってことは、
元々持っているエネルギーがたくさん
だったんでしょうね(*^_^*)

そうですね、タイガーとは比べものにならない頑強さってのは
ありましたね。
持って生まれた体質ってものでしょうか・・・

息子が言うんですよ「ベルは当りだったな」って・・・
17年の犬生、小さい波はありましたが、大きい波に浚われなかった事がベルの幸せでしたね。

| keiko | 2012/09/17 12:04 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/09/16 22:10 | |

ももmamaさん、おはようございます♪

ももmamaさん、読んで下さって嬉しいです^^

そうなんですよ、ベルは小さい頃から一人っぽっちで
寂しい犬生を送っていたのです(笑)

だからと言う訳ではないのですが、体が頑強で精神も
犬一倍強くなったのでは、そんな風に思ってます。

>ベルちゃんが長生きできたのは決して
たまたまだからではありません。
そうでしょうか、特別の事を何一つしなかった私です。
多分野生児に育ったのが良い結果を生んだのでしょうね^^;

ももちゃん、愛されてますね(*^^)v
それが普通なんですよね、タイガーもそうですよ。
なのでついついベルと比べてしまうんですよね。

| | 2012/09/16 06:58 | URL |

ベルちゃんの事、読ませていただきました。
小さい頃から甘やかさない時もあったからこそ
心身共に強いベルちゃんになったのではないでしょうか。
私はそんな風に思いました。
タイガーくんが来た時、少しかわいそうでしたが
仲良く過ごせるようになった時には良きパートナーに
なれましたよね。
ベルちゃんが長生きできたのは決して
たまたまだからではありません。
やはり、keikoさんの愛情の賜であった
と思います。
うちは甘やかしすぎて、育ててしまったので
ベルちゃんのように強く長く生きられるか
ふと、少々心配になってしまいました。

| ももmama | 2012/09/15 22:26 | URL |

鍵コメさん、こんばんは~♪

ベルの外生活5年は今思うと可哀相な年月でもありました。
でも、その後の長い12年は幸せな犬生だったと思うのでプラス
マイナス・ゼロで勘弁して欲しいのです(笑)

>17年半の立派な犬生が、たまたまの長生きだったとは
到底思えません。
いえ、これは本当です。
先祖から頂いた生命力はもちろんあったでしょうが
私はこれと言った事をしてないんですよね。

日記の方に書いた通りなんですが、オヤツなどを与える暇がなかったのが
良かったとしか思えないのです。
食事だって長い間フードでしたしね・・・

後悔、誰しも大なり小なりあるのですね、それ伺って少しほっとしました^^

> 心から笑える思い出に変るのでしょうね‥
そうですね、今はまだ泣き笑いですが、その内お腹を抱えて
笑えるにようになったらベルだってきっと喜んでくれるでしょうね。

今日は心優しいお言葉を掛けて下さって有難うございました^^
まだまだお若いですからね、先の事は余りお考えになりませんように・・・

| | 2012/09/15 22:24 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/09/15 21:19 | |

ちょこままさん、こんばんは~♪

寄って頂いてありがとう、嬉しいです^^

長い間一緒にいたのでベルは体の一部のような
そんな感覚でしたね。
ですので今は傷口が塞がらなくて辛いです。

小さい頃は今のようにデジカメがなくてね、普通のフィルムのカメラだったんですよ。
それと忙しくって写真など撮る暇もなかったのでしょうね^^;

エリカラ、恥ずかしいですが、獣医さんが用意しては下さらなかったのです(笑)

| | 2012/09/15 19:27 | URL |

こんにちは。
ベル君と接してるkeikoさんは、いつもとびきりの笑顔ですね♪
それだけ愛していたんですよね。
そして、ベル君もkeikoさんの愛情をしっかり感じていたと思います(*^^)v

いや~、それにしてもちっちゃな頃のベル君可愛い~
一番のお気に入りは、ボール2個も咥えてる写真。
よくばりさんな所が、我が家の「そら」に似ています。

エリザベスカラー代わりの段ボールに、不謹慎にも吹き出してしまいました…(笑)
当時、ベル君は大変な思いをしてたのにゴメンナサイ。

でも、keikoさんとベル君の歴史を垣間見れた今日の記事でした♪

| ちょこまま | 2012/09/15 15:42 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT